脳内のドーパミンが正常に働いていない

脳内のドーパミンが正常に働いていない

脚を虫が這いまわっているかのような違和感を覚える病気で、個人差がありますが、主に足の甲と裏、ふくらはぎに、掻きむしりたくなるようなむずむず感を感じることからこの病名が付けられました。

 

症状が軽い場合は、脚がむずむずするくらいなのですが、重い症状になると、脚に刺すような痛みや火照りを感じることもあります。

 

さらに酷くなると、とにかく痒い、脚をかきむしりたい!という思いにかられる程、耐え難い苦痛を感じます。
症状が表れるのは、主に夕方から夜にかけての場合が多く、特に眠りに入った時が最もひどくなり、無意識に脚を動かしたり、掻かずにはいられなくなります。

 

原因は、はっきりとは断定でませんが、『脳内のドーパミンが正常に働いていない』というのが最も有力な原因と言われています。
ドーパミンは鉄分が不足すると、分泌量が減少するため、男性に比べて、鉄分が不足しがちやな女性の方が発病率が高いのがむずむず脚症候群特徴です。